在校生メッセージ

吉崎 美幸さん

私は、社会人を経て本校に入学しました。
入学当初はもう一度学生になることへの不安もありましたが、先生方が優しく声をかけてくださったり、丁寧なオリエンテーションや先輩方との交流会があったりと学校生活にも少しずつ慣れてきました。学習面では大変な部分も多いですが、専門分野では看護の先輩でもある先生方の体験談を交えた講義もあり「看護」について学ぶことが多くあります。また、ベッドメーキングの演習では、シーツに皺のないきれいなベッドをつくることが以外と難しいということを知りました。
まずは、看護に必要となる基本的な知識と技術を身につけることを 目標に日々努力していきたいと思います。

1年生(24回生)鹿児島県立鹿児島中央高等学校出身

益満 あゆむさん

私は入学当初、環境の変化に不安を感じていましたが、新入生セミナーを通してたくさんのクラスメートと親しくなることができました。また、自治会交流会を通して、先輩との関係を築くことができ、今では、さまざまな活動を通して少しずつ学校に慣れてきました。
高校とは違い単位制で、自ら学ぶ姿勢が求められ、大変さや責任を感じています。
しかし、皆同じ目標を持っており、学校全体で積極的に看護を学ぶ環境が整っているので、常に看護を意識して学ぶことができます。また、実習も多く、白衣を着て演習を行うときは看護とい うことを身近に感じました。
これから、この学校でたくさんの友人や先輩・先生方に助言をもらいながら、看護師を目指して頑張りたいです。

1年生(24回生)鹿児島市立鹿児島玉竜高等学校出身

大寺 由起さん

二年生に進級し、一年生で学んだ内容を基盤として更に専門的で実践的な学習をしています。看護を学ぶ仲間と共に、グループ活動や日常生活の中で支えあい、刺激し合いながら勉学に励んでいるところです。
1年次の実習では、患者さんの安全・安楽・自立・個別性を考え日常生活の援助を行いました。実習においては、講義だけでは学べない「実践的で根拠のある看護」を学ぶことができました。また、自分の看護観が深まり、学習意欲の高まりも感じています。

看護師になるために何が必要なのか、どのような看護が根拠に基づいているのかを理解しながら学べる環境が本校にはあります。自己の理想の看護師となれるよう、仲間と協力し成長していきたいと思います。

2年生(23回生)熊本県立第一高等学校出身

竹之内 美紀さん

私は、この学校に入って看護と人間の素晴らしさについて気づきました。入学したての頃は、看護についての知識も看護観も全くありませんでしたが、1年間学習して「こんな看護をしたい」「こんな看護師になりたい」という考えが出てきました。
また、人間について学習するなかで、人間の身体の構造や機能がいかに緻密であって、成長や回復に対してどれほど優れているのかがわかりました。
1年間過ごすなかで、友人や家族、先輩、先生たちの存在はとても大きく、ここで出会った人たちは私的な悩みだけではなく、看護について話すことのできる大切な仲間になると思います。同じ看護師になるという夢を持つ仲間と、この学校で一緒にその夢を実現しませんか。

2年生(23回生)鹿児島県立川内高等学校出身

砂坂 詩織さん

この学校で看護を学び始め、2年が過ぎ、現在最高学年となりました。
現在は、先生方や同じ目標をもつ仲間に支えられながら、臨地実習や看護研究、国家試験に向けた勉強など、多忙な毎日ですがとても有意義に過ごしています。
臨地実習では、自らが危機状態にあっても私に「勉強になったかな?」と声をかけてくださる患者さんや、帝王切開後で疼痛が強い状態でも子供を気にかける母親を受け持たせて頂き、多くの学びを得ると共に、人の温かさと強さを感じました。

入学当初はひどい人見知りだった私も、患者さんやその家族との会話や援助を通して人との出会いや看護の素晴らしさを感じています。そして今は、日々見つかる自分の課題を向き合い乗り越えながら理想の看護師像に近づけるよう頑張っています。
これからも、私を成長させてくださる患者さんや先生方、看護師さんや友人に感謝しながら目標に向かって努力していきたいと思います。

3年生(22回生)鹿児島県立錦江湾高校出身

福岡千尋さん

3年生に進級し実習中心の生活で、それ.と同時に看護研究や就職試験、そして国家試験の学習を行っています。
4月の実習で私は、周手術期の患者さんを受け持たせていただき、実際に手術に立ち会い、一般病棟だけでなくICU病棟で実習させていただくことで術前・術後の病態変化や看護を学びました。
実習中に患者さんは「患者に向き合う看護ではなく、寄り添う看護をしてほしい。患者の側に立って目線を合わせることで初めてその人の伝えたいことがわかる」と話されました。
ICUにいる間、患者さんは人工呼吸器を使用しているため上手く話すことができません。そのような方の訴えを聞くためには、患者さんと同じ目線になり同じ風景を見ることで訴えを理解することができるのです。

私達は、実習を重ねるごとに日々自分の看護観を見つめ直し、自分の目指す看護とは何か考えを深めている最中です。これからも患者に寄り添う理想の看護師像を目指して仲間と共に精進していきたいです。

3年生(22回生)鹿児島県立鹿児島中央高等学校出身